本文へスキップ
  




電話でのご予約・お問い合わせは

 ◆魏飯夷堂 三条店 TEL.075-841-8071
◆魏飯夷堂 北新地店 TEL.06-6346-8850

魏飯夷堂とはABUOT

魏飯夷堂 誕生秘話

店内イメージ

魏飯夷堂三条店のある京都三条会商店街近くに住んでいた店主・魏 禧之。兼ねてよりビールを片手に美味しい餃子を食べられる店を作りたいと考えていました。さらに生まれ育った横浜中華街の、とある店の点心師・陳さんが作る小籠包の味を忘れられず、いつか再現したい思い続けていたのです。そこで新店の開業を決意。老舗の味噌店跡の建物を改装し、魏飯夷堂の開店準備を始めました。

しかし、店は出来たものの、肝心な納得いく小籠包が作れません。魏は、中華街で湖南料理店「明掦」を営んでいた父に尋ねたり、日本各地から食材を取り寄せるなどしたりして毎晩、厨房で思考錯誤を重ねました。やがて上海出身の点心師であり、現在の三条店の点心師・王 鉄勇との出逢いにも恵まれ、結果、半年以上の月日をかけて今日の「魏飯夷堂の小籠包」を生み出したのです。


点心のこだわり

店内イメージ

弊店の小籠包や点心は、上海出身の点心師がお出しする直前に作り、テーブルに運んでいます。蒸し立てアツアツのスープが透けて見えるほど薄い皮。箸でつまんでもけっして破れないのは、熟練した点心師だからこそ、なせる技。勿論、皮や餡の素材、鮮度にこだわり、「美味しい」と喜んで頂けるよう精進致しております。ぜひ実際にお召し上がり頂き、極上の小籠包をご堪能頂ければ幸いです。

※右の写真の小籠包は、皮に切れ目を入れた状態のものです。


店主 魏 禧之プロフィール

料理イメージ

■魏 禧之(ぎ・よしゆき)
神奈川県横浜市生まれ。11歳の時より実家である横浜中華街の湖南料理店「明掦」の厨房に立つ。18歳から全国の有名中華料理店で修業。その後、中国に渡り、特級調理師の資格を取得。帰国後、横浜中華街「萬珍楼」で修行を積む。1996年、京都に「創作中華 一之船入」をオープン。2005年、中国より最高級調理師の資格を授与される。2009年、台湾美食展世界中国料理大会銅賞受賞。2010年、飲茶と中華の店「魏飯夷堂 三条店」をオープン。2012年、国際評議委員に選ばれる。2013年、「魏飯夷堂 北新地」を大阪に開店。2015年、京都国際観光大使の認定を受ける。

 ■役職
 ・一般社団法人 全日本・食学会 理事
 ・社団法人 日本中国料理協会 京都支部 支部長
 ・世界中餐名厨交流協会 専家委員会副主席
 ・世界中国料理連合会国際評議員
 ・中華美食交流協会 海外理事
 ・中華民国僑務委員会 僑務顧問
 ・台湾米其林厨師興會(台湾ミシュラン)海外理事
 ・台北市牛肉麺大使
 ・中華民国留日京都華僑総会 会長
 ・台湾美食親善大使


本店「創作中華 一之船入」のご紹介

食材イメージ

1996年、史蹟・高瀬川 一之船入に面したかつてお茶屋だった町家を改修し、「創作中華 一之船入」はオープンしました。由緒ある伝統的な風情の中、召し上がっていただくのは無農薬の京野菜をふんだんに取り入れた「京風創作中華」。オーナーシェフ・魏 禧之は、生まれ故郷の横浜中華街をはじめ、全国の有名中華店で修行を積み、中国特級調理師を取得した厨父(料理人)。食べ物で病気を予防する「医食同源」の思想をとり入れ、美味しくて身体によい料理作りに取り組んでいます。
■HP http://ichinohunairi.com/


店舗イメージ

shop info.店舗情報

◆魏飯夷堂 三条店
京都府京都市京都市中京区
三条岩上西入る橋西町661
TEL.075-841-8071

店舗イメージ

shop info.店舗情報

◆魏飯夷堂 北新地店
大阪府大阪市北区堂島1-3-33
新地萬年ビル1F
TEL.06-6346-8850

copyright©2015 gihanebisudou all rights reserved.

サブナビゲーション